無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第6話

6話
あれから月日が流れ、俺たちは高校1年になりました。

あなたは、小中と男子も女子も友達が出来ず。俺だけが唯一の友達だ
シルク
シルク
あなた!
あなた

シルクおはよ

シルク
シルク
今日から1年だぜ〜楽しみだわ
あなた

私なんてどうせ友達出来ないからどうでもいいかなぁ

シルク
シルク
作ればいいじゃん
あなた

私の性格分かってるくせによく言えるね笑笑

シルク
シルク
まぁ、俺が先にいるから心配すんな
あなた

心配しかない…笑笑

そう俺とあなたは誰が見ても正反対
あなたは1人で本をよむ。
俺の隣には必ず人がいる。
陰と陽だ。
シルク
シルク
あ!マサイとンダホだ
あなた

行ってきていいよ

シルク
シルク
ほんと!
あなた

うん

ほんとあなたは、優しい
シルク
シルク
じゃあ俺行ってくる!
俺も俺で馬鹿だよな。
あなたの優しさに甘えてる。
あなた

(イヤホンをつける)

俺は分かってる。
あなたが本当は寂しい事や悲しい事もでも甘えちゃうんだよな。
シルク
シルク
マサイ!ンダホ
ンダホ
ンダホ
シルク〜!
マサイ
マサイ
おはよう
ンダホ
ンダホ
あれ?あなたちゃんは?
シルク
シルク
あー!マサイとンダホところ行ってきていいよて言ってくれたからきた!
マサイ
マサイ
あなたちゃんてほんと優しいな
ンダホ
ンダホ
ほんと!シルクの事1番わかってくれてるて感じ!
シルク
シルク
どうだろな
ンダホ
ンダホ
付き合っちゃえば?笑笑
シルク
シルク
ないない
だって俺はあなたの友達。
恋愛感情はない。
多分あなたも俺の事恋愛感情なんてないと思う。
マサイ
マサイ
じゃあ俺が奪ってもいい?
シルク
シルク
はぁ?
マサイ
マサイ
あなたちゃん俺にちょうだい
ンダホ
ンダホ
最初からシルクのものじゃないんだからなんでシルクに言うの?
マサイ
マサイ
シルクがさぁ〜あなたちゃんの隣にいるからちょっとねぇ…
シルク
シルク
俺はあなたのものじゃないけど、あなたを嫌な思いにさせるのはやめてくれ。
ンダホ
ンダホ
シルクもマサイもちょっとはあなたちゃんの思いも考えたら?
シルク
シルク
あいつはものじゃないからな
マサイ
マサイ
それぐらい分かってるよ
マサイの言葉でピリピリとした空気感になってしまった

クラスはあなたと一緒になった。
シルク
シルク
あなた
あなた

一緒のクラスだね

シルク
シルク
必ずお前を守れるよ。これで
あなた

シルクに守られてばっかだから自立しないとね!

シルク
シルク
自立もいいけど最初にやる事なるだろ
あなた

わかってるよ…友達でしょ?

シルク
シルク
分かってんじゃん。
あなたの頭をポンポンした。
あなた

///

シルク
シルク
じゃあ席座るわ
あなたのほっぺたが真っ赤だった。
俺はそれを見てなぜか可愛いと思ってしまった。
シルク
シルク
はぁ…
千晃(ちあき)
千晃(ちあき)
何ため息ついてんの?
シルク
シルク
えっ?あーちょっとな
こいつ誰だ?
千晃(ちあき)
千晃(ちあき)
はじめまして。
千晃です。隣の席だから喋ってみた。笑笑
シルク
シルク
よろしく。
俺シルク
千晃(ちあき)
千晃(ちあき)
シルクくん
シルク
シルク
ちあきさんでいい?
千晃(ちあき)
千晃(ちあき)
ちあきでいいよ
シルク
シルク
ゃじゃあ俺の事もシルクで
千晃(ちあき)
千晃(ちあき)
わかった!
喋ってると思う。あなたと違う感じだな〜て
あなたside

私はシルクが好き。
ずっーと隣で見てきた。シルクが落ち込んでる時と嬉しそうにしてる時も。
1番近くで見てきた。


でも…シルクには私なんて釣り合ってない。分かってる!分かってるよ!だけど…





好きなんだもん



シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

KOTOHA🔫
KOTOHA🔫
男子校の続き書いてます! タメでOKです✌️😊 ひるなかの流星🌠🎆永野芽郁❤️ AAA😘にっしー💛宇野ちゃん💜 フイッシャーズ🐬🐟シルク💞 ディズニー🐭🏰✨ はじめしゃちょー🙈💞 こもも🐟🐻ファンクラブ第18号(ももくま) ✌️💙✌️ Twitter→MbZ3xukBynyO3Rk
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る