第50話

あり方
西谷 〇〇
今の烏野に足りないものですか·····
烏養 繋心
烏養 繋心
あぁ
西谷 〇〇
うーん····
《攻める力はたくさんあるな、》
西谷 〇〇
烏野は攻めの力がめっちゃくちゃあると思います
烏養 繋心
烏養 繋心
あぁ
西谷 〇〇
でも、
烏養 繋心
烏養 繋心
でも?
西谷 〇〇
でも、守備があまりなってないと思います。
烏養 繋心
烏養 繋心
おぉ
西谷 〇〇
それは、ブロックで相手のスパイカーのコースをしぼれてないからかもしれません。
烏養 繋心
烏養 繋心
ブロックか、
西谷 〇〇
はい。
西谷 〇〇
ブロックのあり方を考えてみた方がいいと思います。
烏養 繋心
烏養 繋心
そうか、ありがとな




烏養くんは納得したみたいです。




清水 潔子
清水 潔子
なんかごめんね、
西谷 〇〇
どうしたんですか?!


潔子さんは謝っています。





清水 潔子
清水 潔子
あなたちゃんって呼んで
西谷 〇〇
いや、全然大丈夫ですっ
清水 潔子
清水 潔子
え?
西谷 〇〇
潔子さんは年上のお姉さんみたいな感じです
西谷 〇〇
なので全然大丈夫ですっ
清水 潔子
清水 潔子
ほんと?
西谷 〇〇
はいっ
清水 潔子
清水 潔子
なんかありがとね
西谷 〇〇
いや、全然大丈夫ですっ





あなたちゃん年上のお姉ちゃんがほしかったみたいです。