第30話

結果なんて自分の努力次第で変わるんだから



影山くんチームとの試合が始まります。





日向 翔陽
日向 翔陽
ナイサーあなた!
影山 飛雄
影山 飛雄
《そう言えば、あなたのサーブ初めて見るな。》
西谷 〇〇
【サーブを打つ】



あなたちゃんのサーブはジャンプサーブです。


それも、男子に劣らないぐらいの強烈なサーブです。




女バレ①
【サーブをはじく】
女バレ①
《げっ!サーブ強すぎっ》


まずはBチームに1点。



日向 翔陽
日向 翔陽
よっしゃぁー!
西谷 〇〇
よし!




あなたちゃんとっても喜んでいる様子。


女バレ①
ごめん!
影山 飛雄
影山 飛雄
大丈夫です、つぎ取りましょう。
女バレ①
うん!
女バレ①
《影山くん、なんてイケメンなの。》
日向 翔陽
日向 翔陽
あなたもう1本!
西谷 〇〇
【サーブを打つ】



あら、これはネットにかかってしまったようです。



日向 翔陽
日向 翔陽
ドンマイ!
西谷 〇〇
ごめんっ
女バレ③
ラッキー!
女バレ③
《あのサーブはとれない。無理。絶対。》
女バレ①
女バレ①ナイサー!
女バレ①
【サーブを打つ】



女バレ①はフローターサーブですね。



モブ②
オーライ!【サーブをカットする】
西谷 〇〇
モブ①トスお願い!
モブ①
あいよ!
西谷 〇〇
バック!
日向 翔陽
日向 翔陽
トスもってこーい!!
モブ①
あなたちゃん!【トスをあげる】
西谷 〇〇
【スパイクを打つ】



あなたちゃんバックからスパイクを打ちました。




女バレ①
おっけ!【レシーブをする】
女バレ①
《強烈っ、》
女バレ①
ごめん短い!
影山 飛雄
影山 飛雄
大丈夫!
影山 飛雄
影山 飛雄
女バレ②!【トスをあげる】
女バレ②
はいよ!【スパイクを打つ】



女バレ②はフェイントをしてきましたね。




西谷 〇〇
!!



そのフェイントはBチームのコートに落ちてしまいました。




女バレ②
よっしゃ!
女バレ②
影山くんナイストス!
影山 飛雄
影山 飛雄
いや、まだ調整できます。
女バレ②
《まぁ、なんて自分に厳しいの。》



影山くんモテていますね。




日向 翔陽
日向 翔陽
ごめん!今のとれた!
西谷 〇〇
大丈夫、今のはスルーでね。
西谷 〇〇
あとね、ひなた
日向 翔陽
日向 翔陽
なんだ?
西谷 〇〇
ひなたがスパイクを打つときね、多分影山がブロックについてくると思うからね、1本目は思いっきり打ってね、ただ思いっきり!
日向 翔陽
日向 翔陽
わかった!
西谷 〇〇
2本目はブロックの上からフェイントして。
日向 翔陽
日向 翔陽
え、俺が?!
西谷 〇〇
そう。
日向 翔陽
日向 翔陽
無理だか・・
西谷 〇〇
やる前に結果を決めつけないこと。
日向 翔陽
日向 翔陽
!!
西谷 〇〇
結果なんて自分の努力次第で変わるんだからさ。
日向 翔陽
日向 翔陽
わかった!