無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第45話

you
you
昨日も言ったけど全然大丈夫だからね!
あなた起きてよかった
テテ
テテ
ねえーあなたご飯なににするの?
you
you
ん?まだ決まってないよ
テテ
テテ
早く決めてね!
you
you
はーい
昨日の話に戻すテテ
テテ
テテ
ねえ?あなた?
テテ
テテ
昨日何があったか話してくれる?また
you
you
テテ
テテ
別にいいたくないならいいよ。
you
you
嫌。言う。
you
you
実は昨日オッパ達がみんな前で話しててうちは話についていけなくて後ろにいたの。それで後ろからとんとんって叩かれて何かなと思って振り返ったら女の人にハンカチを口に当てられてなんも喋れなくさせられた。結構強くハンカチで抑えてきたから。
テテ
テテ
そんなことが…
you
you
それでそのまま自分は睡眠薬みたいなのを使われたのかそのまま眠りに落ちた
you
you
それで起きたら倉庫みたいなところにいた。でも女の人がいなくて逃げ出せるかと思ったら紐が足と手に巻いてあって立てなかった。
それで叫んだ!そしたらテテオッパが助けに来てくれた。
you
you
多分助けてくれなかったらもう少しで私死んでたかもね。
テテ
テテ
ごめんね。…
テテ
テテ
守ってやれなくて
あなたは涙目になってた。
それぐらい怖かったんだろな。
you
you
ううん。全然大丈夫!助けてくれたんだから
テテ
テテ
無理すんなよ。あなた
you
you
無理なんか…
you
you
してない…
テテ
テテ
嘘だ。その顔は嘘をつく時につく顔
you
you
してないもん(泣)
テテ
テテ
泣いてんじゃん。
テテ
テテ
本当は怖かったんだろ。
you
you
ごめんなさい。
テテ
テテ
なんであなたが謝るのさ。
you
you
だってオッパ達に迷惑かけてばっかなんだもん。泣
テテ
テテ
そんなの気にしなくていいんだよ。
you
you
でもオッパたちは仕事がある中うちを守ってくれた。
you
you
だからもう迷惑がかけなくなかったのに。また迷惑かけちゃった。
テテ
テテ
大丈夫だよ。みんなそんなこと言ってなかったんだから
you
you
ほんとに?
テテ
テテ
うん。
you
you
でもテテオッパもごめんね…
テテ
テテ
ほらおいで。
そう言ってあなたはテテオッパのところに行き、抱きしめた。
その時、あなたは、テテの行動にちょっとドキッとしたのは内緒。
you
you
ありがとテテオッパ
また眠りについてしまった。
NEXT
今回は長いですね。