無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第42話

ちびーず
今日はと言いますと、小3まで子だったら誰でも出れる野球の大会です!

うちのちびちゃん(5歳)も龍友のとこのちびちゃん(5歳)も
玲於の可愛い妹ちゃん(小2)もでるらしい笑笑

いまはアップ中。ちょーかわいいです。

ちょこちょこ走りしてる子が多い中…

あのー弟くんよめっちゃ速いんだけど?!龍友の弟も!

玲於は暇しております笑笑

玲於 「あなた!どっかいこ」

いやいや、怒られるよキャプテン

「いこいこ」って押してくるんだけど…

亜嵐もほのかも付いてきてるけど大丈夫???

あ、ほのかも入ったの野球。

ということで待機場所で王様ゲームしてます。

王様だーれ!「はいっ!」って亜嵐が…いやな予感。

亜嵐 「1番が好きな人いう」「だれだーニヤイヤ」

よかった。うちじゃない。

玲於 「ゲッ 俺だ…。」

亜嵐 「だれだれ??ニヤニヤ」

玲於 「ん。」

そう言いながら私をみてくる。あ、そーいう感じ。

亜嵐 「やっぱりかぁ〜!!!!」

満足ですか???笑笑

ほのかはずっと黙ってるし…やっぱり…。

「もーおしまい!みんなのとこもどろ」

って言って試合みに行った。

1勝1敗して負けた瞬間全員号泣で帰ってきた笑

そもそもルールがわかってないからしょうがないよ笑笑

泣いてないのが2人いらっしゃいますが…だれかはおわかりですよね?笑笑

昼ごはんも玲於と食べて幸せでした🥰