無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第67話

うわさ
「じゅん、帰ろー!」

部活終わって、毎日じゅんと帰る。家が近いし。

「お疲れ様でした!!!」

バス停まで歩いている途中…

じゅん 「そーいえばさ、玲於ってこと付き合ってたじゃん」
    「別れてからどーなの?」

「連絡も取ってないしあってないかな、、。」

じゅん 「そーなんや…てかさ、りく絶対ゆいのこと好きだよな笑笑」

「それは絶対そうでしょ!ゆいも意外とありそうだけどな…」

じゅん 「あそこくっつけようぜ!!」

「いーね!笑 自然に2人にしていけば何かあるかな??ニヤニヤ」

次の日からはなるべく2人にして、、私達はかげから見守る。

そんなことしてたらある日…

ゆい  「あなた!りくから告白された///」

「そーなん!!どーなのゆいは?」

ゆい 「実は好きなんだ、りくのこと」

「じゃあ迷わなくていいじゃん!」

ゆい 「行ってくる!!!」

ふたりが付き合うことになったのはいいけど…

どうしてくれるの??このうわさ….

"じゅんくんとあなたってこ付き合ってるの??"

"仲いいし、距離近いよね"

"あー、好きだったのに。。うらやましいー…"

すごく最近聞こえてくる。

いやいや、ないでしょ!じゅん意外にモテるからめんどくさいよ。、





遅くなりました😓