無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第16話

BBQ🍖
今日はバーベキューする日。

いつも通り練習が終わってうちんちでくる。

風呂から上がってきた玲於が「あなたの部屋いっていい?」
っていつも通り言ってくる笑

「いーよっていう前にいるじゃん😅」
「何してんのー?」

玲於 「荒野ー」

そっか私には構えないってことねー。まーいーや。一階いこー。

あなた母 「あなたー!手伝って!!」って

「はーい」

下に降りると玲於のお父さんとうちのお父さんが火を起こしてた。
「あ、きたきた。」ってもー飲んでるし苦笑

「なにー?」

お皿並べってって。頼まれた仕事していると玲於のお父さんが

「あなたちゃんは好きな子とかおらんの?」って

いやー、、いなくはないけど、、

「ノーコメントで笑」って返した。

まぁ、薄々気づいてるんだろうけど。だってお父さんが
「未来のもう一人のお父さんかもよ」なんて言いながらニヤニヤしてるし。

そうこうしてるうちにバーベキューも終え、親は酔ってる。

子供たちはうるさいし。自分も子供だけど。