無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第32話

私のせい?!
試合の次の日…
渡り廊下にて亜嵐と涼太に捕まっています…。

亜嵐 「昨日の2試合目あなたおうえんしてた??笑」

「してたしてた!だって玲於先発だよ??しない理由がない!!」

涼太 「亜嵐くんあなたのせいじゃないでしょ?苦笑」

亜嵐 「あなたが応援してしてなかったからまけたんじゃないのー?」
   「なーんだ関係ないのかー笑笑」

いやいや、天然なのか…?どっかいったし。

涼太 「ごめんね、、あなた。あなたのせいじゃないよ笑」

「う、うん。亜嵐は馬鹿になったのかな??笑」

涼太 「元からだから笑笑」

「そっか!爆笑」

涼太も亜嵐を追いかけて走っていった。