無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第13話

野球観戦⚾️
今日は玲於たちの試合…ではなくプロ野球を見にきている。
もちろんあの三家族だけど。
玲於と私のお母さんは仕事できてないし、
玲於なお姉ちゃんも妹も来てない。

ちなみに今日はホークスvsオリックス

ドームにて…ヤフオクドームではなく、paypayドーム。

試合始まる前だけど…早く着きすぎたみたい。
そー思ってたら、いきなりお父さんが「あ、飲み物買ってきたら」って

行くか…そー思って立ち上がって

「誰かついてきて〜」って言ったら玲於「俺いく」って

ドームの外にあるコンビニに向かいます。
私たちの席からは真反対。めっちゃ遠い。
玲於とは「ちび」「ゴリラ」とか小学生みたいな言い合いしながら
鬼ごっこ状態。そんなことしてたら、ついた。

ジュース兄弟3人分とお菓子とか買って。
戻ろうとしてたら、「もつ」って玲於が。
やさしーなって思った。割と重かったから助かった!

席に戻ったら始まった。