無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第35話

龍友の家族
今日は龍友の家族がいえに来ております。玲於はおりません…。
大輝の部屋で龍友と大輝はゲームしてる。一番下の弟達はおもちゃぶつけて?遊んでる。

一方、私はと言うと…ほのかと2人っきりです。
最初は動画とか映画とかみたり、雑談で盛り上がった。
時計の針は12時を回ってきておとなしくなってきたころ…

ほのか 「あなたちゃんは好きな人いるの?」

「いるよ…。」

ほのか 「玲於…だよね??」

「うん。」

ほのか 「うちもずっと好きだった。」

「そっか…」

ほのか 「でも、あなたちゃんなら諦める。。」

え、諦めるの??、

最後のほうは気まずくなった…。