無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

もうすぐホワイトデー
玲於のお母さんいわく帰ってきた途端私のチョコを見せびらかして
「絶対食べないでね!」と念を押して味わって食べてたらしい。
一口もくれなかったとか。笑笑

そんな話もありながらもうすぐホワイトデー。
部員もちょこちょこ「おいしかったー😋」なんて言ってくる。
好評でよかったー。って思った私だった。

〜ホワイトデー当日〜
その日の練習は玲於はこなかった。
他の部員からはお返しをもらって…肝心な玲於だけだ。
あーぁ嫌われたかなとかおもったりして。
でも、後から聞くとかなりの高熱でダウンしてたらしい。
大丈夫かなぁ。。。

その翌週…
玲於 「あなたごめん、これっ!」
って手渡されたのは手作りのカップケーキ🧁
作ってる姿想像したら、可愛すぎて死にそう笑

私も一口も誰にもあげず食べましたとさ笑