無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第37話

バレンタイン2
もう2回目のバレンタイン…

玲於に渡すために早く来たんだけど、ほのかとほののお母さんもいる。

この前の会話でほのかとは気まずいしなぁ。

しかも渡してるし、完全に渡すタイミング見失った…

そのうえ玲於渡そうとしてたやつ間違って他の友達に渡しちゃったみたい泣

もう、帰ろう…。結局渡せなかったな。。。

数日後…
玲於は「なんでくれなかったの」ってむすってしてた。

あーぁあげればよかったなって思った。