無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第61話

ステメ
私はこの誰にもぶつけることのできない思いを

ついつい文字にしてしまった、、

このショックとかもやもやする気持ちを玲於にぶつけることが
出来なくてLINEのステータスメッセージに書いてしまった。

書かなかったらよかったのかな、、、。

この時は玲於が見ないと思ってたから。


『既読スルー… 嫌われたのかな😅』


でもそうおもつたのは会えないって言われたからじゃない。

会えないって言ってたくせにいっつもゲームはオンラインだし

動画を上げれるアプリで女子のいえで友達何人かで遊んでる動画あげてるし

ちょっとくらいかまって欲しかっただけなのに。。

そんなこと思ってたら、

玲於 "なにこれ?"

って私のステメのスクショ。

ステメ見てたんだ。

『野球を一生懸命してる君が大好き💓応援してるよ📣』
って書いてた時はなんも言ってこなかったくせに。


この時、私はなにも考えられなかった。

ごめんってただの嫉妬って認めればよかっただけ。

"なにもない"って送った私は臆病ですか?

玲於 "あなたが別れたいなら別れよ"

もう、どうでもいい。これから自分がどうなるのかなんて考えなかった。

"玲於が決めなよ"

また、返信はこなかった。

もうおわりだな。。ほんとは大好きなのに、。

一週間後…

玲於 "別れよ"



やっぱり。そういう運命かな。。

だって私より可愛い人いっぱいいるもん。

"今までありがとう"