無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

10円ガム
今日はジュニアーズの練習日。暇だから行こうかな。

あ、そーいえば10円ガムのあたりあったな。

なんて思いながら駄菓子屋へ向かう。

実はお菓子が大好きでいつも何かしらカバンに入ってる。

この前玲於に「お菓子ちょーだい」って言われたからさ
今日は玲於の分のお菓子も買う。って言っても10円ガムだけどね。

でも練習頑張ってたらっていう約束だから。