無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第33話

誕生日
今日は私の誕生日。友達からは「おめでとう!」って誕プレとかたくさんもらった。
玲於は私の誕生日知らないよな…。そもそも今年あげれなかったし…。

今は家で勉強中。。。

そろそろ野球の練習終わる頃かな。大輝帰ってくるし片付けよう。

ガチャ

大輝 「ただいまー。ねーちゃんこれ」

渡されたのはグチャグチャになった紙袋。

「これどーしたの?」

玲於先輩のお父さんに呼ばれて私に渡してって言われたらしい。
誕生日プレゼントを。てか、もっときれいに持って帰れたでしょうよ。
グチャグチャにカバンにいれあがって😤

お父さんの携帯で玲於のお父さんにお礼のLINE

"誕生日プレゼントわざわざありがとうございました😊大事に使います!笑笑"

玲於父 "いえいえ。ちなみにそのプレゼントは玲於からです!"

え、、まじっすか?!

"「ありがとう」ってお伝えください!"

玲於父 "了解です笑笑"

ちなみに中身は…タオル

私が水泳してるからか笑笑

このタオルをこの日から毎週使ってたのはいうまでもない。