無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第65話

あらすじ
裕太くん以外野球してます。

龍友:弟の野球チームで仲良くなった。

裕太くん:龍友の親友

メンディー:野球チームの元キャプテン

涼太,亜嵐:一つ下の野球チームの子

隼:弟と仲良しの子

玲於:ひとつしたの中学生の時の元彼

みんなからは"あなた"と呼ばれてます。



「あなた」と声をかけられたあの日から…

初めて声をかけられた時は誰かもわからなかった。

龍友の幼なじみのこ。

小学生の時から…ずっと玲於のことが好きだった。

それから両思いってわかっても関係が変わることはなかった。

中学生になった時大好きな玲於ではなく、龍友に告白された。

でも、それがきっかけで玲於と付き合うことができた。

龍友には申し訳なかったけど。応援してくれた。幸せだった。

龍友と玲於と私の家族は仲良くなってもよく集まった。

お泊りとか。野球の試合とか。練習とか。

とても楽しかった。



でも…


軽い遠距離でできたすれ違い。

まだまだ子供の私達は別れてしまった。

私が野球をしてる子がかっこいいって言ってたのを知ってる玲於。

ほんとはダンスをしたかったのに、、、

別れるまで続けてくれてた。

知らなかった。その時自分のせいなんだって思った。

もう、春から高校生。


~作者~
すみません!割と実話に基づいて作ってたのですが…
数年前のことすぎて内容がうすい。笑
なので、ここまで長々と書いていたのをここでまとめました。
ここまで読んでくださった方ありがとうございます😊
国語は一番苦手なため誤字も多いし文もおかしいですが…
読んでいただけたら嬉しいです!