無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第29話

カブトムシ
もう夏休みも終わりが近づいてきたころ。

一番下の弟がカブトムシが欲しいなんて言い出して、、

いやいるよ。虫かごに、、え、夏祭りで貰ってたじゃん。。

お父さんもちゃっかし「とりいくかー」って

ということでやまにいきます。

次の日の午前中お父さんと弟達はしかけをしにいった。

なんか玲於と龍友達も誘ったみたい。

いざ車で出発!!! 現時刻8時で真っ暗です。。

ついたけど。山だから街灯があるわけでもちゃんとした道があるわけでもない。

結構怖いなとかおもったりして。