無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第51話

ごめん
学校の帰り道…

「龍友、ごめんやっぱり私、玲於のこと好きなんだ」
「友達に戻れないかな…?」

龍友 「…そうか。玲於には勝てんな…」
   「大丈夫やで。気にすんな」

大丈夫じゃないじゃん…泣き目になってるよ。。

この日はなにも話さずに家に着いた。

申し訳なくないことしたな…。

玲於にも龍友にも。