無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第45話

その日から
バイクの事件の日からずっと龍友が家まで毎日送ってくれる。

野球部が休みでも陸上部の練習があったら必ず裕太くんと迎えに来てくれる。

そんな生活が二週間くらい続いてほとんどいつも通りの雰囲気になった。

この2週間くらいは沈黙も暗い雰囲気も多くて…

裕太くんがいるときは裕太くんがどうにか笑わせてくれるんだけど笑笑

ある日の帰り道…
だいぶ恐怖も無くなって、いつも通りのテンション。

話題は恋愛です、、

龍友 「最近玲於とはどーなん??」

「んー、一か月くらいあってないな、」
「付き合ってるわけじゃないし、
今実際玲於好きでいてくれてるっていう証拠がないから…」

不安。こわい。好きだけど…って感じ

「龍友はどーなん?」

龍友 「俺?あー、別れたんだよね…」

「めっちゃ仲良かったのに??どーしたん?」

龍友 「そーなんやけど。好きな人ができてしまって、、」

「そっか、、」

一年付き合ってたのに…。