無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第17話

夜の公園
自分の部屋にもどろー。部屋に入ったら玲於がベットで寝てるし。
「かわいすぎ(〃ω〃)」

玲於 「だれがかわいーの?」

!?「起きてたの??」

玲於 「今起きた、」
   「ねーそといこー。」って
もう12時だよ。真っ暗。
「ほら行くよ」って後ろから押してくる。

結局外に出て近くの公園のブランコに乗る。

玲於 「あなた、俺のことすき?」って
いきなり言うから寝ぼけてるのかと思った。

「れおはー?」って聞いたら

玲於 「///…好きだよ。」

「うちも///」って返した。よかった嫌われてなくて。
べつに付き合っているわけじゃない。。。