無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

103
2021/04/15

第6話

ヒロインになりたいっ!!!!
深澤side



今日はクラスで体育祭実行委員を決めていた。





運動は好きだけど委員会には絶対入りたくない。






と思っていたのに案外実行委員をやりたいと言い出すやつもいなく、




クラスのみんなは運動の成績が良い奴にしようと言い出し、






「じゃあふっかでいんじゃね?笑」





という照の一言でクラスの視線は一気に俺になる。







『俺はぜってーやんねーよ。』






みんなを突き放して寝ようと思ったのに






先生「いーじゃないか!深澤は他の教科はボロボロだが体育だけは花丸だもんな!」







先生「よし!実行委員は深澤にしよう!いいかー深澤」





『俺、やりませんよ』






先生「他の教科の成績上げてやるぞ」





『あ〜、はいはいわかりました。やればいんですよね、僕がやります』






先生「よし、じゃあ深澤に決定!!早速今日はみんなの役割と種目を決めて実行委員の先生に提出を頼むな!」







『はーい』