無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

あの不幸な事件。
260
2021/02/05 15:59
きょんsiten
最近誘拐事件、行方不明の子が多いらしい…しかも誘拐されてる子は20代前半女子がほとんどだ。
今日はたまちゃんやジェニーちゃん、まだ未成年のぽんちゃんまで一緒に撮影する…夜も遅くなりそうだし…何にもなきゃいいんだけど、嫌な予感がする。
多分俺の勘違いかな笑
---------------------------------------------------------------------
撮影が終わり
きょん
みんなー!撮影お疲れ様〜。やっぱ皆で撮ると賑やかで楽しいね!!
ジェニー
お疲れ様っす!私いつも独りだから皆と撮れるの本当に好きなんだよね〜っ。
でもきょんちゃんのとこはいつも賑やかでしょ?
くま
お疲れーぃ。言っとくけど、賑やかにしてるのきょんだよ?
さとひろ
(‪笑)お疲れ様!
またこうして集まりましょ〜!あっ、皆もう帰る?
きょん
俺は全部片付けてから帰るよ
くま
んじゃあ俺も手伝うわ。電車で帰るの嫌だし‪(笑)
ジェニー
手伝いたいけど…帰ろうかな。編集しないといけなくて、ごめん!
たまちゅーぶ
私も手伝うー!ジェニーちゃん大丈夫だよ?
きょん
あ!!最近ここら辺で行方不明の子が出てるらしいよ?女性がほとんどみたい…。ちょっと心配だから一応言っといた。帰り道気を付けてね〜。
怖かったら俺ら送くるし‪笑
ゆーぽん
っ!そうなんですか??…
ジェニー
え、それ危なくない?ぽんちゃん今日ままぽんは?
ゆーぽん
今日ままぽん仕事で来れないから1人なんだよね…
ジェニー
尚更心配じゃん!良かったら一緒に帰るよ
きょん
ごっさんと一緒だったら安心かな?たまちゃんは俺らが送ってあげよ!くま。
たまちゅーぶ
いいのっ?!きょんちゃんありがとう。
くま
おっけーぃ。まぁ、そんな心配しなくても大丈夫だろ(笑)
きょん
でも怖いでしょ。ぽんちゃんが誘拐されたらお前どうすんだよ!
くま
いや……確かにそうだね、ごめん‪(笑)
くま
とりあえず、後藤さん気をつけて帰れよー!
きょん
帰ったら一応連絡して欲しい。ごっさんぽんちゃん今日はありがとうね!!
ジェニー
はーい!連絡するね。きょんちゃんくまちゃんありがとう。お先に失礼しますー
ゆーぽん
きょんちゃんありがとうございます〜
私もお先に失礼します!
┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
片付けを済まし、撮影場を後にした。
きょん
ただいまっ。くまー?まだ連絡来ないけどぽんちゃん達大丈夫かな〜
くま
え、まだ無いの?まぁ道混んでたからかもな
きょん
まぁな。何かずっとソワソワして仕方ないんだよね……今日は朝から嫌な予感がする。俺の勘違いか笑
くま
マジ?きょんの嫌な予感結構当たることあるからなー…いや余計に怖くなってきた笑
きょん
…やっぱり後藤さんに電話する!
プルルルル…プルルルル
☏ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄☏
ジェニー
もしもし〜?きょんちゃんどうしたの?
きょん
もしもしごっさん?急にごめんね。結構時間経ってたから心配になって電話した、大丈夫?
ジェニー
そんな心配しなくても大丈夫笑もうすぐぽんちゃんと別れるところだよー!
きょん
そっかそっか!何かあったらすぐに電話してよ?
ジェニー
うん笑ありがと!
ジェニー
ん?っ…ぽんちゃん!!
きょん
ん?!ぽんちゃんに何かあった?ジェニーちゃん??
ジェニー
きゃぁ!!!や…めて!!っ痛…
きょん
え!大丈夫??おいっ…
くま
え、どうした??きょん!
ジェニー
ごめん……_助けてきょんちゃん_…
きょん
何?助けるから(焦)何処か言える?
ジェニー
〇〇aっ!!……
プツッピーピー
☏ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄☏
きょん
ごっさん!!!
くま
おい、きょん!落ち着けって、何があったのか教えろって!
きょん
くま、多分誘拐だ!!
[話していた事を説明中]・・・・・・ってこと。少なくてもジェニーちゃんは怪我してる…。
くま
えぇやばっ!!!
お前の嫌な予感当たってたな。
あっ、とりあえず警察だろ!警察と救急車呼ぶぞ!!
きょん
お、おう!くまは警察と救急車よろしく。俺は先に〇〇行って探してくる!車だったとしても今日は混んでたから、まだ遠くには行けないはず…
くま
きょんに何かあったら終わるからな?すぐに連絡しろよ!!
きょん
分かってる!ありがとうくま。
┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
きょんは素早く車で〇〇に向かった。
きょん
えっと〇〇ここら辺だ…あとはどこの地区か分かれば早いんだけどな
プルルルル…プルルルル…っとスマホから音が鳴っていた。
きょん
ん??誰からだ……。っ!ごっさん!!
スマホの画面にはJenniiという文字がある。
きょんsiten
電話に出る。電話からはごっさんの小さい声が聞こえる

☏ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄☏
ジェニー
き、きょん…ちゃん?!良かっ、たぁ…ヒクッ(泣)
きょん
ごっさん?怖いよね…大丈夫。俺とくまが絶対に助けるから!!
2人とも怪我してない?大丈夫?
声は凄く震えてて今にでも消えそうなくらいだ。

きょんsiten
ごっさん泣いてるし怖くて声も出ないんだ。
俺がちゃんと送ってたらこうなんなかったのかな?こんなこと今更後悔してる場合じゃない、、早く助けなきゃ!!
ゆーぽん
きょんちゃん…(泣)たっ、助けてください…
私は全然大丈夫です!!ジェn…っ。
きょん
そっか、ごっさんが何?後藤さんすぐに無茶するからさ心配。そういえば、さっき痛って言ってたよね?
ジェニー
…っあれは…犯人を止めようとしたら、押し飛ばされちゃって…。でも全然怪我してないから大丈夫だず!
ジェニーsiten
だめっ!!ぽんちゃん言っちゃダメ、、必死にシーっと指で合図する。

怪我してるなんて言える訳ない!きょんちゃんに余計に心配かけるし迷惑になっちゃう…。

ゆーぽんが1番怖いはず。大人の私がこんなんで倒れて、弱音吐いてたらダメだ…!!
私がゆーぽんを守らなきゃいけない!!
きょん
そうだったんだ…怪我してないならまだ良かった!
今何処にいるか分かる?
ジェニー
分からない、でも倉庫みたいな場所に閉じ込められてる…。あっ!ここ見た事ある……
きょん
え!がち?…ビデオにして!
ジェニー
あ…うん。
ジェニーsiten
ビデオにしなかったのは血が見えてちゃうかもだからずっとしなかった…でもビデオにしないと場所分からないし……。仕方ないか…
ジェニー
こんな感じの場所。きょんちゃん、分かる??どっかで見た気がして…
きょん
ん〜…そこあの工場だ!!今日朝に車で通った。
ジェニー
足音する…きょんちゃん。。
ゆーぽん
寒い…きょんさん…お願いします。
プツッピーピー
☏ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄☏
┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
ということで、あの不幸な事件。はここまでです!!自分で言うのもあれですが、面白いやろ‪笑。続きが気になりますね〜。

あの不幸な事件。は4話くらいありますのでぜひ楽しみに、待ってていただけると嬉しいです☺︎︎