無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

272
2018/04/26

第2話

出会い
「きゃぁっ!」
ガッシャン!
「すみません!」
カフェの店員がコーヒーをこぼす
「大丈夫ですよ」
大丈夫と、笑って許す
「ほんっとうに申し訳ございません!弁償させてください!」
「大丈夫ですって」
ドラマとかであるあるの出会い方
でもこれは私が狙ってやったことだ
コーヒーをこぼしたのもわざと
これは、私の顔を覚えてもらうための行為
私は週刊誌の記者をやっている
「こんなもので申し訳ございませんが、一年分の割引クーポンでございます」
「あのぉ、今日はちょっと時間がないんで、帰らせてもらってもいいですか?」
「はい。申し訳ございません。お代はいただきませんので」
「はい、また来ます」ニコッ
「またのお越しをお待ちしております」
作戦は成功しただろうか