無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

カナヲside
あなたが、本当に死んでしまうかもしれない


師範にこのことを言おう


きっと師範もいじめるのをやめて、2人が仲直りして、あなたも思い直してくれるはずだ


栗花落カナヲ
師範!!
胡蝶しのぶ
カナヲ?どうしたの?
栗花落カナヲ
話があるんです……
胡蝶しのぶ
……?
栗花落カナヲ
あなたの事で……
胡蝶しのぶ
!?
栗花落カナヲ
あなたが死のうとしてるんです……!!
胡蝶しのぶ
……それで?
栗花落カナヲ
もういじめるのはやめてあげてください!!あなたは思い詰めて死のうとしてるんです!!
胡蝶しのぶ
……死ねばいいんですよあんな人
栗花落カナヲ
!?
胡蝶しのぶ
カナヲも脅されたんでしょう?本当にあの人は最低ですね
栗花落カナヲ
ち、ちがっ
胡蝶しのぶ
もう言わなくて大丈夫ですよ。私が言っておきますから
栗花落カナヲ
……っ
胡蝶しのぶ
じゃあ

そう言って師範はどこかへ行ってしまった

もう、なんとも出来ないみたいだ……