無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第30話

題名ってそう簡単に思いつくものじゃない←
竈門炭治郎
な……なんだここは……
上弦の弐 童磨
あれ、無惨様!鬼殺隊隊士をこんなに引連れてどうしたんですか?
鬼舞辻無惨
こいつらを今ここで殺す。ちょうど柱も全員いるからな
上弦の弐 童磨
なるほど!わかりました!俺達も手伝えばいいんですね!
鬼舞辻無惨
ああ、そういう事だ
鬼舞辻無惨
鳴女、海花を見つからない場所へやれ
海花
え……ちょっと待ってください無惨様!!私、この人たちにまだ……
鬼舞辻無惨
童磨、少し眠らせておけ
上弦の弐 童磨
御意
海花
待っ



私は首を「トンッ」とされた瞬間に気を失った

















.*・゚ .゚・*..*・゚ .゚・*..*・゚ .゚・*..*・゚ .゚・*..*・゚ .゚・*.






短っ!