無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第20話

20
あなたside











おっぱたちとおんにと話してたら荒い息と、同時に少しずつ近ずいて来る足音がだんだん大きくなる
じす
じす
え、誰?
















、少し肌寒かった廊下なのにいきなり暖かくなったまるで誰かに抱きしめ、
あなた
あなた
られてる!!??
ジンヨン
ジンヨン
大丈夫でしたか??
心配だったんです!?













誰かに抱きしめられてると、認識したと同時に耳元であまり聞き覚えのない声がした、





















デフィ
デフィ
ひょん?
クァンリン
クァンリン
ん、ひょん?じにょにひょん?
じす
じす
ちょ、なにしてんの!
うちのあなたにぃ!
あなた
あなた
???????
あなた
あなた
私は何もありませんでしたし、何も心配されるようなことはしていませんよ?どうしたんですか?いきなり?
じす
じす
そこはうそつくなぁーーい!
↑はい、こわれたー♡♡♡ㅋㅋㅋㅋ






































??
なんなの、あの日本人、どんどん仲間つくっていきやがって、

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

いろは ♡ 이로하
いろは ♡ 이로하
05line よろしくお願いします! どんどんこめんとしてね! たくさんの人と仲良く なりたいです!
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る