無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第8話

あれから3週間後、

学校である噂が流れ出した。


それは、グク君が同い年の子と

付き合ってるという噂。


周囲からちゃかされないように

隠れて付き合っているとか…



ジミンに本当なのか聞きたいけど、

私がグク君のこと好きみたいに

勘違いされそうだし…





そんなことを思いながら今日1日

学校生活を送る。


あ、今日の放課後、私の家で

グク君とゲームするの!!

ちょっと緊張する(´・_・`)














昼休み、友達と一緒に図書室に

行っていると、グク君がいた。


声をかけようと、グク君のもとへ

小走りで向かったら、

グク君がある人に笑顔で手招きをした。


相手は、可愛い女子。


その女の子はグク君のもとへ来て、

グク君の腕に自分の腕を絡めて

ベタベタとひっついていた。



ちょっと嫌だな……

少し妬いていた。