無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第10話

噂 の 相 手
グク君が来てから皆無言...


テテさんもなんか怒ってる感じだし

グク君は紅茶飲んでるだけで

一言も喋らないし...





TH「...なぁ」


JK「はい?」


TH「お前さ、最近彼女できた?」


「ブフォ」




テテさんの質問でカフェラテを

吹き出してしまった😱😱😱




TH「え、え、あなた大丈夫?!」


「だ、大丈夫...」


JK「急に吹き出してびっくりしましたよ」


「私もびっくりしました」


TH「んで、お前彼女いるのかって」


JK「いるわけないじゃないですか。」




え、?いないの?

じゃああの女の人は...




TH「じゃあお前が一緒にいるあの女は?」




あ、テテさんが言ってくれた。




JK「あー、あの人はいとこですよ。」


「え、そうなの?」


JK「はい。ベタベタひっつきてきて

正直言って苦手なタイプです。」


TH「そうだったのかー。てっきり

隠れて彼女つくってるのかと思ったよ。」


JK「そんなわけないじゃないですか。

僕はヌナ一択ですよ。」


「ぐ、グク君!!///」


TH「あ、照れてる!!!」


「照れてない!!!」


JK「ちょっとヌナ、僕のこと

好きなんですか?」


「いや私は...!!」




私は好きじゃない!っていう

言葉がでない。え、なんで?

私は別に好きでもないし...





TH「...あ、俺急用できた...。帰る。」


「え?」


TH「...じゃあな」




突然帰ってしまったテテさん。

なんでだろう...

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

Nagisa💫
Nagisa💫
グクテテペン🐰️🦁 5月12日START✨
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る