第9話

話し合い
1,369
2020/10/26 05:17
それから数日後、文化祭について細かく決めていくための話し合いが行われた。
あなた

と、いうわけでうちのクラスの出し物を考えましょう!

予算的には他のファーストクラスの方々と同じ金額です。

なので特にお金に関しての心配はないと思われます。

女子生徒
女子生徒
ファーストクラスの人達は何をやるの?
あなた

今のところでているのが庶民向けの屋台等々をやる。というものです。

女子生徒
女子生徒
執事喫茶とかメイド喫茶とかは出てないの?
あなた

はい。出てませんね。

女子生徒
女子生徒
ならさ、それにしない?
男子生徒
男子生徒
俺らが執事で女子がメイド?
女子生徒
女子生徒
そうそう!
女子生徒
女子生徒
それいいかも!
あなた

ええーと、竜達と話してた中で出てたのもそれだし、私達は平気だけど……


果音は大丈夫?その〜奏さん許してもらえる?

成瀬果音
成瀬果音
私は裏でやるつもりだから、心配何と思うんだけど……。
小田島陸
小田島陸
レミさんは絶対表ですからね!
あなた

え〜、裏に逃げちゃダメ?

海司・陸
海司・陸
ダメです。
あなた

んー、まぁ、表か裏かは後で決めるから、とりあえず、出し物は メイド・執事 喫茶でOK?

全員
OK!
あなた

んじゃ、決定!もうチャイムもなるし、あとの事は別日に決めようか。

全員
はーい!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
お昼
〜果音side〜
朱雀奏
朱雀奏
え?メイド・執事喫茶?
成瀬果音
成瀬果音
うん。
朱雀奏
朱雀奏
((果音のメイド姿……絶対可愛い……いや、でも他人に見られる訳には……いや、でも逆に見せつけたい!))
成瀬果音
成瀬果音
まぁ、私は裏でやるつもりだからメイド服は着ないつもりなんだけどね。
朱雀奏
朱雀奏
え?じゃあ僕が遊びに行っても果音は接客してくれないんですか?
成瀬果音
成瀬果音
え?来るの?
朱雀奏
朱雀奏
いや、行かないわけがないですよ。
大好きな彼女のクラスですしね。^^*
成瀬果音
成瀬果音
((奏が来たら、他の子が周りに引っ付いて離れなくなりそう……何より私1人だけが近くにいたい……となると〜仕方ない。表やるか。))
成瀬果音
成瀬果音
んー、じゃあ奏が来た時だけ表やろっかな。
朱雀奏
朱雀奏
え?
成瀬果音
成瀬果音
だって、他の子が奏の接客してるとこなんて……見たくない……。
朱雀奏
朱雀奏
ツッ……///嬉しいです……想像しただけで妬いちゃうほど僕の事を好きでいてくれてると思うと……。( * ⸝⸝⸝ˊᵕˋ)ノ
成瀬果音
成瀬果音
好きじゃなきゃお昼一緒になんて食べませんよ。///   (///_///)
朱雀奏
朱雀奏
ふふっ、ついでにあーんしてくれると嬉しいんですけどね。
成瀬果音
成瀬果音
なっ///そんなこと言うなら帰りますよ!?
朱雀奏
朱雀奏
冗談ですよ。
僕の甘えた行動で一緒に居れなくなるくらいなら、少しぐらい耐えます。
成瀬果音
成瀬果音
……。((奏の弁当を取りおかずを箸で掴む))

あーん!(´∩ω・`*)っアーン
朱雀奏
朱雀奏
え?
成瀬果音
成瀬果音
……いらないんですか?
朱雀奏
朱雀奏
いえ、もらいます。(。・н・。)パクッ

ŧ‹"((。´ω`。))ŧ‹”

ん、やっぱり、果音にアーンしてもらうだけでこんなに味が変わってるように感じるんですね。
成瀬果音
成瀬果音
……(///_///)
朱雀奏
朱雀奏
恥ずかしがりながらやってくれるところ、本当に大好きですよ。
(っ*´>ω<*))ω<`*)ギュッ💕
( *ˊᵕˋ)ノˊᵕˋ*) ナデナデ❤
成瀬果音
成瀬果音
……(///_///)
あなた

……。(通りすがり)

あなた

あんたら、まだ敬語で話してたの?

朱雀奏
朱雀奏
うわぁ!
成瀬果音
成瀬果音
きゃあ!あなた!?いつからそこに!?
あなた

ん?奏の恥ずかしがりながらも〜ってとこらへん?

成瀬果音
成瀬果音
ε-(´∀`*)ホッ
朱雀奏
朱雀奏
ε-(´∀`*)ホッ
久遠誠一郎
久遠誠一郎
おい!小鳥遊あなた!
奏の邪魔をするな!
あなた

いやいや、通りかかっただけなんだけど?

久遠誠一郎
久遠誠一郎
放置して立ち去ればいい話だろ!
あなた

いつまでも敬語で話してるのが気になっただけよ!

鏑木元
鏑木元
まぁまぁお二人共w
そう会う度に喧嘩しなくてもw
それは置いといて、確かにもうそろそろタメ口で話してもいいと思いますよ?奏様。
朱雀奏
朱雀奏
……それもそうだね。んーまぁ、果音の前でだけでもタメ口で話せるよう頑張ってみるよ。
あなた

敬語すぎてもなんか他人感半端なく出ちゃうんでもうちょっとタメ口頑張りましょ。そうしないと奏様はいつまでも言い寄られて果音も果音で約1名に言い寄られ続けますよ。

朱雀奏
朱雀奏
それは困る!タメ口ごときで隙がなくなるならいくらでもタメ口で話す!
あなた

そんじゃ私はそれだけなのでさよなら〜。

鏑木元
鏑木元
あっ、あなたさん!良ければ一緒に戻りましょ?
あなた

へ?いいけど奏の護衛しなくて大丈夫なの?

鏑木元
鏑木元
その辺は心配しなくても誠一郎さんがどうにかしてくれます。それに、私次移動なので早めに帰らないといけないんですよ。
あなた

そっか、じゃあ一緒に行こ!

鏑木元
鏑木元
はい!((やった!))
と、いうわけで嵐のように来て嵐のように去ってった。
朱雀奏
朱雀奏
ん?待ってよ?誠一郎、いつからここにいたんだ?
久遠誠一郎
久遠誠一郎
最初からだ。奏の側を離れるわけないだろう。
成瀬果音
成瀬果音
は!?
朱雀奏
朱雀奏
はぁー(`ーωー´)イラッ
誠一郎……いい加減俺離れしろ?(ꐦ°᷄д°᷅)?
久遠誠一郎
久遠誠一郎
……はい。
と、奏に怒られて傷心してる誠一郎さんを見ながら、置いて帰ったw

プリ小説オーディオドラマ