無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第22話

22
1,500
2018/08/22 01:21
寂しかった、
あなた
…うん
5年で帰ってくる  って言ったから
俺頑張って待ってた
辛い時も悲しい時もあなたの顔が見たくて
あなたから連絡が来なくなってから
もう俺は捨てられたと思った
あなた
…うん
今フランスで頑張ってるあなたを見て
何も持ってない俺が隣に並んでいいのかとか彼氏でいいのかとか色々…考えてる
あなた
…そっか
以上、
俺が言いたいことはこんだけ、
あなた
ごめんね、何も理由言わずに
期間伸ばして…
あなた
今でも翔くんの事大好き、
こっちに来てからもずっとずっと翔くんの事考えてた、
フランス語がさ、最初は全然話せなくてすっごく落ち込んだ時も翔くんの顔が浮かんでね、笑
あなた
連絡…しなかったんじゃなくて出来なかったんだぁ、笑
ちょっと課題とか色々大変でさ、笑
いつ翔くんから電話がかかってきてもすぐ出られるように肌身離さず持ってたんだけど
あの忙しさは大変だったなぁ。笑
あなた
安心して、?
ちゃんと、翔くんの所に帰ってくるから、
ん…待ってる…。
あなた
あ-あ。久しぶりに翔くんの顔みたらさぁ…

泣けてきた…っ…
え……っ…ちょっ…
あなた
寂しかったよぉ、
ずっとずっと会いたかったぁっ……
俺 の 腕 の 中 で 子 供 の 様 に 泣 く あ な た
あ な た も 凄 く 頑 張 っ て き た ん だ 
離 れ て て も ず っ と 

俺 の 事 思 っ て て く れ た ん だ












華 奢 な 肩 を 包 み 込 む よ う に
優 し く 抱 き 締 め た