無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

369
2021/10/13

第18話

その2
らぁらとゆいは新幹線に乗り、ペンダイへと。
真中らぁら
真中らぁら
なんか、旅してるって感じだね!
夢川ゆい
夢川ゆい
うん!ゆめ感激!ボンボヤージュ!!
2人は、大喜びをしていた。そんな時…
大神田川ババリア
大神田川ババリア
旅行気分はそのくらいにして。もうすぐ、今日の目的地トンポク地方のペンダイにばば到着しますよ。
2人は大神田川校長先生に振り向いた。
大神田川ババリア
大神田川ババリア
今回は、めが姉さんに依頼されてこのババリアが、ばばしっかりと引率しますので、ちゃんと従うように。
夢川ゆい
夢川ゆい
ゆめお願いしまーす!
真中らぁら
真中らぁら
お願いします!
大神田川ババリア
大神田川ババリア
ちなみにみちるさんは、欠席。あなたさんは、ご実家の方に帰省。にのさんは、フットサルの試合後に駆けつけますわ。
真中らぁら
真中らぁら
ペンダイに到着!
WITHとゆい達『?
お互いに振り向き、そこには…
夢川ゆい
夢川ゆい
げぇ⁉︎兄ちゃん。
大神田川ババリア
大神田川ババリア
あら、ばば偶然!同じ電車に乗っていらっしゃったのですのね〜!
三鷹アサヒ
三鷹アサヒ
チィース!俺ら、ここのダンプリでマジツアーライブなんっす!
大神田川ババリア
大神田川ババリア
チィース!頑張ってますわねー!
三鷹アサヒ
三鷹アサヒ
この子達かぁ!やべぇ、ヒュー!!
ゆいは頬を膨らませていた。
大神田川ババリア
大神田川ババリア
そうそう。高瀬コヨイさん、先日の女子プリパラでのエスコート、大変立派でしたわー!
高瀬コヨイ
高瀬コヨイ
ありがとうございます。
夢川ショウゴ
夢川ショウゴ
俺は、エスコートなんかしねぇ。お前なら、なおさらな。
夢川ゆい
夢川ゆい
こっちだって、お断りよ。べぇーだ!
ゆいはショウゴに対して、反発をした。WITHの3人は去っていった。
その頃、あなたはパラ宿の実家へと戻り、パラ宿へ行きFlowerのメンバーの2人と会っていた。
あなた

ペンダイに行きたかった〜。

漣ひなみ
漣ひなみ
今さら、何言ってるの?
音成のぞみ
音成のぞみ
せっかくの3人揃ったのに、ライブしようと言ったのは、あなたじゃない。
あなた

だって、重なるとは思わないじゃん。

音成のぞみ
音成のぞみ
確か、パパラ宿の宣伝大使に任命された。新人アイドル3人がプリパラを広めるためにだったかしら?
漣ひなみ
漣ひなみ
楽しそう、聞いただけで。
あなた

まぁ、途中参加からでいいかぁ…それより目の前のライブをやり遂げる!

漣ひなみ
漣ひなみ
そうそう、それよりも今を楽しもうよ!
音成のぞみ
音成のぞみ
目の前のライブを成功させるわよ。
3人『私たち、神アイドルのFlowerなんだから!
3人は手を重ね、決めゼリフ。
『コーデの数だけ、マチチケをスキャンしてね。お友達のトモチケもスキャンができるよ。
3人『アイドルタイムカウントダウン!
『Flowerでの初のブランドFlower bloomのコーデ。
カラフルな色あい基本に、ラメを散りばめゴージャスなドレス』
3人『ヴィヴィットラメコーデ』
ライブが始まり、曲は『ハルカパステル』

ファン『Flowerー!最高ー!! 
ライブが終わると、会場中がサイリウムで輝き、声が響いていた。
漣ひなみ
漣ひなみ
みんなー!ありがとうー!
音成のぞみ
音成のぞみ
ありがとう。(^_^)
あなた

今日は、私のライブを見てくれてありがとうー!

そのあとも、デビュー曲もライブを披露したのだった。