無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

622
2021/07/12

第7話

番外編 ダンプリ潜入⁉️
転入してしばらくが経った頃のことだった。

妄想
夢川ショウゴ
夢川ショウゴ
俺にはアイドルをやる資格はない…
夢川ゆい
夢川ゆい
ううん。お兄ちゃんはユメ頑張れば、きっとユメ私ほどじゃいけど、輝けるよ!諦めたら、そこでライブ終了だよ。
夢川ショウゴ
夢川ショウゴ
アイドルが…したいです…!
泣きながら叫んでいた、ショウゴ。それに対して、ゆいは…
夢川ゆい
夢川ゆい
ゆーめっめっ!ゆーめっめっ!
妄想をしていたゆいのほっぺをつまむ、らぁら。
真中らぁら
真中らぁら
ゆーい。ねぇー!ゆいってば‼︎
夢川ゆい
夢川ゆい
ゆめ?
プニコン
プニコン
プニ。
あなた

何をゆめってだんだろう…

夢川ゆい
夢川ゆい
えっ⁉︎あれ?お兄ちゃんは…それに、私のファンは?
真中らぁら
真中らぁら
ファン?もーう!また妄想して!一応、プリパラに来てくれる女の子はちらほら増えたけど…
話していると、女の子2人が通りすぎて、
真中らぁら
真中らぁら
ねぇー!デビューしてみない?
女の子その1(女の子がアイドルだなんて…
その2(恥ずかしい。
夢川ゆい
夢川ゆい
ゆめ…
あなた

困ったね〜、これは…

真中らぁら
真中らぁら
う、う…。こんな調子で6月のグランプリまでにデビューする子なんて、現れないよ〜。
プニコン
プニコン
プニ。
真中らぁら
真中らぁら
よーし、ここは一発!
(アイドルタイムがたまっています。3分間のライブが可能でーす。
真中らぁら
真中らぁら
地道な勧誘活動でためた、アイドルタイムでライブをして盛り上げる!
らぁらのソロライブが始まったのだった。
真中らぁら
真中らぁら
おしゃれなぁ、あの子のマネするより
自分らしいさぁが一番でしょ…
会場(らぁらー、ラブリー!
会場中が、大盛り上がりだった。
真中らぁら
真中らぁら
我ながら、カンペキなかしこま!
夢川ゆい
夢川ゆい
ゆめステキー!
あなた

サイコー!らぁら。

めが姉さん
めが姉さん
さすが、神アイドルですね!
女の子その1(わぁー!あんなキラキラなアイドルに私もなれたら…
2人(でも…
その2(絶対、無理だよね…あぁ⁉︎ダンプリTV始まっちゃう!
2人(い、急げー‼︎
2人は急いで、走っていった。
夢川ゆい
夢川ゆい
ゆめ待って!
その他(私達もー!
数人の女の子達も走っていった。
あなた

恐るべし、ダンプリ…

ライブは終わり、学校へと戻った。