無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第4話

4 🐹🐰🔞(15ぐらい)
、、、ん?
サナ
サナ
どーゆー、、、こと?
ジョングク
ジョングク
そのまんまの意味
って言ったらいきなり押し倒してくるグク、
サナ
サナ
ちょ、ちょっ、んっ//
いきなりキスしてくるピョンテ野郎、
待って、、、こんな濃いキスしたことない、、、
ジョングク
ジョングク
だーかーら声だすなって
首筋とか舌で舐めてきてかなりやばい、
サナ
サナ
っ///、ふ、
必死に口を押さえる、
ジョングク
ジョングク
あーやば、
いちいち耳元で言ってくるから背筋ビクってなる、
ジョングク
ジョングク
口押さえんの反則だろ
って言って服脱がされてくよね、
待って待って、私まだ処女、
ジョングク
ジョングク
意外と胸あるな
サナ
サナ
っ、、、///?!、ふ、っ/
胸を口で転がされてさすがにやばい、
、、、でもここで声出したらコイツに負けたみたいでヤダ、
ジョングク
ジョングク
お前意地でも出さねぇな
、、、ならこれは?
サナ
サナ
っ?!?!///、
いきなり下部を触ってくる、
ジョングク
ジョングク
何お前濡らしてんの
サナ
サナ
、、、///
そりゃ誰だって濡れますよ、
グクさんめちゃくちゃ上手いんですから( ˙-˙ )
恥ずかしくて目をそらす、
ジョングク
ジョングク
おい、何目逸らしてんだよ
サナ
サナ
っ///?!
指を中に入れてきながらキスしてくるガチのピョンテ執事、
あー、、、やばい、、、

さっきからなんかきそう、、、
ジョングク
ジョングク
お前腰浮いてきてるけど?
すると中でいきなり指をバラバラに動かしてくる、
サナ
サナ
、、、っ///、ふ、っふ、///、
やばい手に力入んなくなってきた、
ジョングク
ジョングク
ふっㅋエロいやつ
サナ
サナ
っ、、、んあっ///、
指をクイってされた瞬間感じたことない快感が押し寄せてきた、

それと同時に腰がビクンってなって、
ジョングク
ジョングク
愛液すんげー出てますけど?
サナ
サナ
だっ、黙って、///
ジョングク
ジョングク
、、、てか声出てるから後でお仕置きな?ㅋ
サナ
サナ
はっ?!///
ピピっ ピピっ_____
ジョングク
ジョングク
、、、時間だ、服と髪直すから来い
って言って平然と執事に戻るグク、
、、、すんごいピョンテな黒執事に出会ってしまった。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

테 리 카
테 리 카
# 昨 日 よ り は も っ と 、 明 日 よ り は 少 し あ な た を 愛 し ま す 。 # I purple you . い ち ご 畑 →🐯🍓 き ゃ ろ っ と う ー ま ん →🥕💜
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る