無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第5話

5 🐹🐧
身支度を終えて、グクにリードされながら廊下を歩いていく。
さっきも思ったけどやっぱり広い、、、
ジョングク
ジョングク
さっきのお辞儀とか忘れんなよ?
あーあと、多分食堂とかビデオ回ってるから気抜くなよ?
サナ
サナ
、、、はい、
ねー、一応今は主なんだけど、
食堂に入ると既に1人女の子がいた。
ミナ
ミナ
ごきげんよう☺️
うわっ、ガチな挨拶やん、
サナ
サナ
、、、ごっごきげんよう😃
あーやばい顔引きつってるわ、
ミナ
ミナ
私、名井ミナと申します、
名井、、、ってあの 名井グループ?!?!?!
名井グループって言ったら由緒正しい超大金持ちのとこ、
この子、、、絶対Sランク出身スタートだわ、
サナ
サナ
私は、チョウツウィと申します、
って言った途端、ミナちゃんの目がこれでもかってくらい開いた、
そして急に顔を近づけてきて、、、
ミナ
ミナ
((あなた、、、ツウィの身代わりさん、、、?
サナ
サナ
へっ?!?!
ミナ
ミナ
((しっ__静かに、カメラ回ってるから聞こえないようにしててね?
私、1年の時からツウィと同じ部屋だったの
え?
ミナ
ミナ
((だから、、、身代わりの話本人から聞いてるから安心して?☺️
本当のお名前は?
サナ
サナ
((湊崎サナ、、、です、
ミナ
ミナ
((サナ、、、よろしくね☺️
詳しいことはミーティングの後で、
ミナ
ミナ
ツウィさんよろしくお願いします☺️
サナ
サナ
よろしくミナ、、、さん☺️
さっきから噛んでばっか、
後ろをちらって振り返ると不気味なぐらい営業スマイルのグクがこっちを見ていた。
ミナ
ミナ
あちらがツウィさんの執事の方?
サナ
サナ
ええ、ジョングクと言うんです
グクの横にもう1人男の人が立ってた。
____え、めちゃイケメン(   ˙-˙   )
サナ
サナ
あの、、、隣の方ミナさんの執事さん??
ミナ
ミナ
ええテヒョン(さん)っていうのよ、
なんでさんだけ小さくしたんだろ??
目が合うと、テヒョンさんはにこりともせず深々とスムーズなお辞儀をした、
ミナ
ミナ
((あの人、、、執事としては実力が高いんだけど、、、愛想がないのよ、だからSランクの2位で止まってるの、
うん、笑ってんの想像出来ねぇや、
すると執事2人組がこっちへ向かってくる、
ジョングク
ジョングク
お嬢様、お召し物を汚さないようこちらをつけてくださいね?😊
テヒョン
テヒョン
お嬢様、こちらをお使いください、
え、どっちも怖いよ??ㅋ
つけ終わったところで続々と他のペアが入ってきて、7組全てが揃った。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

테리카
테리카
おコメ大好き勢、 ☆&♡くれる子好こ⸜❤︎⸝‍ またしばらく🐢になる← いちご畑→🐯🍓 きゃろっとうーまん→🥕💜 また元気な7人見れるの待ってるよ オンニ待ってる、
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る