無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第8話

8 🐧️🐿🦁
バレエ、お筝、生け花、、、毎日習い事や勉強の毎日。
どれも好きだけど、なんでこんなにやる気が起きないんだろう、、、




私は名井財閥の一人娘のお嬢様。










昔から「完璧」であるのが当たり前だった。
だってそーすればお父様だってお母様だってお爺様にお祖母様、
皆が私を褒めてくれる、
皆が私を見てくれる、、、その時だけ。








普段は興味も示さないくせに、賞状を取ったりバレエで優勝したりした時だけ笑顔で接してくる。






私はそんな家族が昔から苦手だった。












花園学園に入学したのも褒められるため。
その為にも絶対Lランク取るって思ってたのに、
ツウィ
ツウィ
ごきげんよう☺️
私チョウツウィと申しますの、お名前は??
この子には勝てないって直感的に思った。
ツウィは才能の塊みたいな子で、ほんとになんでも出来ちゃう、
体が弱いから運動は控えてるけどちゃんとトレーニングとかしてるし、勉強してるし、、、ちゃんと努力もしている、
私が30分かかることをツウィは15分で出来るみたいな感じで、置いてかれないようにするので必死だった。
でもツウィはいつも私を待ってくれる、そんな優しい所があるから私はツウィを憎むどころか心の底から大好きだった。





2年にあがっても部屋が一緒で親友になった私達、


ツウィはだんだん体調が悪い時期が増えて、部屋で休んでたり保健室で休んでたりすることが多くなった。
ツウィがいないと私はたいてい1人。
ジヒョいるじゃんとか思うよね、ジヒョは今年Aランクに下がっちゃった子とずっとルームメイトだったからなかなか入りにくかったんだよね、、、笑





でも、、、1人だったからこそ全部集中出来て、成績も上がって、Sランク2位まで来ることが出来た、

やっぱ1位はツウィだけど。
そんな時、ツウィから入院することを聞いた。
ツウィ
ツウィ
体調、、、なかなか治らなくて、、、ごめんね、ゴホッ、
ミナ
ミナ
ううん、、、ツウィはなんも悪くないやん、
はよ、、、帰ってきてな、、、😢
ツウィ
ツウィ
私が行けない間私の身代わりみたいな子に入ってもらう予定なの、、、まだ決まってないけどね、笑
ミナ
ミナ
そんな、、、上手くいくん?!
ツウィ
ツウィ
だから、、、ミナに色々サポートしてほしい、、、その子もきっと色々大変だと思うから、
ミナ
ミナ
そんなん当たり前👍
でもうちの願いはツウィがはよ帰ってくることやからな!!😂
ツウィ
ツウィ
ありがとう、、、笑
ちゃんと戻ってくるから!!😂

















こんなことがあって3年生。
執事がつくようになる、、、今度こそ私のことちゃんと見てくれる人がいいな、、、なんてどっかで思ってた、、、。





なのに_______、
テヒョン
テヒョン
今日から1年間担当するキムテヒョン
ミナ
ミナ
よ、よろしく、、、
テヒョン
テヒョン
俺、基本敬語使わねぇから
ミナ
ミナ
わ、分かっ、、、りました、
執事に敬語とかほんまにやばいよな、





名前も呼び捨てでとか絶対無理やし、




なんでよりによってこんな塩対応野郎なのおおおおおおおお

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

테리카
테리카
おコメ大好き勢、 ☆&♡くれる子好こ⸜❤︎⸝‍ またしばらく🐢になる← いちご畑→🐯🍓 きゃろっとうーまん→🥕💜 また元気な7人見れるの待ってるよ オンニ待ってる、
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る