無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第7話

7 🐹🐰
部屋に戻るとめちゃくちゃ綺麗に整頓されてて、グクがお茶を入れていた、
ジョングク
ジョングク
遅せぇよ
サナ
サナ
、、、ご、ごめん、
あーこわこわ、
サナ
サナ
あー私この後作戦会議ジヒョの部屋でしてくる
ジョングク
ジョングク
___なんの?
やっぱ聞くよねー、、、
サナ
サナ
あのさー、、、ミナとジヒョに即バレしました、、、
ジョングク
ジョングク
_____________で?
サナ
サナ
、、、とりあえずミナとジヒョの執事には伝えることになって、、、細かいことは、、、後で決める、
この人の真顔&無言めちゃくちゃ怖いのほんま皆に見て欲しい、
ジョングク
ジョングク
、、、お前さぁ、今の立場分かってんの?
サナ
サナ
、、、えっと_、、、
ジョングク
ジョングク
さっき声出してお仕置きだっつったのにミーティングでもやらかしまくった挙句バレた?
奴隷のお前がどの口聞いてんの?
待って私いつの間にアンタの奴隷になったんや(   ˙-˙   )
サナ
サナ
だからー、私はー主で、、、
ジョングク
ジョングク
__________________、
サナ
サナ
ごめんなさい、
もう無言の圧力に負けました。
ジョングク
ジョングク
はぁ、、、テヒョンとジンにはこっちから伝えるからお前これ以上ボロ出すなよ?
サナ
サナ
、、、ありがとうございます、
ジョングク
ジョングク
で?お前今から会議するんだろ?
サナ
サナ
、、、うん
ジョングク
ジョングク
じゃー行ってこい
サナ
サナ
え?いいの?
ジョングク
ジョングク
タダで行かせるわけねぇだろ?お仕置きしないといけねぇじゃん?🙂
そこで立ってろって言われたんで素直に待ってるとなんか持ってきたグク、
サナ
サナ
、、、何それ
ジョングク
ジョングク
キャバ嬢なら聞かなくても分かるだろ?
だから私処女だっつっただろ、(((言ってない
サナ
サナ
えー分かんな〜い(   ˙-˙   )
私行ってくるねー、、、キャっ、
めちゃくちゃ強い力で引っ張られたと思えばソファに押し倒されて下着を脱がされてソレを入れられる、
サナ
サナ
ちょっ、やめっ、てっ、
ジョングク
ジョングク
え?無理🙂
お仕置きだから
待ってこれ付けたまんま行くの?!
サナ
サナ
無理だってほんとにこれだけはやめてください、
ジョングク
ジョングク
え?それ以外だったらなんでもいいわけ?
コイツ腹立つ、
サナ
サナ
バレたらやばいに決まってんじゃん!!
ジョングク
ジョングク
じゃーバレないよーにせいぜい頑張るんだな、
あと外したら、、、後でほんとに知らねぇから
そー言ってドアまで連れてかれて廊下に出される、
、、、最悪。
ピョンテ執事が入れたもの、、、それはローターでした、(   ˙-˙   )

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

테 리 카
테 리 카
# 昨 日 よ り は も っ と 、 明 日 よ り は 少 し あ な た を 愛 し ま す 。 # I purple you . い ち ご 畑 →🐯🍓 き ゃ ろ っ と う ー ま ん →🥕💜 follow me .🌙🍊 ☆ & ♡ 주 세 요 . 本 推 し → バ ン タ ン 🦁、 べ べ 🐢 推 し → T W I C E 、 セ ブ チ 、 ブ ル ピ ン 、 エ バ グ ロ 、 I T Z Y 、、、
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る