無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第9話

きゅう
スマホ片手にギリギリまで学校をサボる理由を考えてた

ま、結局学校行ったけど
心愛
心愛
おはよう
伊織
伊織
おはよ
西浦くん
西浦くん
心愛、遅かったな
心愛
心愛
ちょっと起きるの遅かったから
伊織
伊織
でさ、西浦。ユニバのことなんだけど…
西浦くんが苦笑いしている
彼女いるのにいいのかな…って顔してる
心愛
心愛
い、伊織。ちょっと来て
伊織
伊織
?うん
私達は、人のいない屋上へ来た
伊織
伊織
で、なに?
心愛
心愛
あのね、私がいうのもおかしいかもだけど…








西浦くん。彼女いるよ
伊織
伊織
        え?
伊織
伊織
いや、待って。いつから?私がユニバ誘ったときは…
心愛
心愛
もう、いたよ
伊織
伊織
すごい迷惑だったよね…どうしよ…
心愛
心愛
ま、知らなかったし仕方ないじゃん。
そう言って私は教室へ戻った

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

딸기🍓
딸기🍓
よろしくです。 不定期投稿中 相互フォローお願いします! いいねをポチッと押していただけたら嬉しいです TELLERも始めました! kanaという名前です!
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る