無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

821
2021/02/05

第25話

where am l go
その日は珍しく寒かった
雪さえ降ってきた
雑音のなか1人の声だけが脳に響く
それは紛れもなく
自分の声
荷物をまとめて全てを持ちあの家を出た
なにわ男子のみんなに会いたくていったんに
なにが悪いん?
別に恭平に関係あらへんやん
謙杜くんに会いに行ったのは間違いないねん……
可愛いくてしゃーないやん?、あの子
あと流星くんに、美容関係教えて欲しくて行ったし
丈くんと和也くんの夫婦を見に行ったのもそう
大吾くんとその夫婦をみて笑いたかった
なのに
恭平が壊した
恭平さえおらへんかったら




上手くいってたんかな。












ドッン、
あなた
ごめんなさいッ!
誰)こちらこそごめんなさい!
あなた
あ、、……
謙杜
謙杜
あ!あなたちゃんやん!



タイミング……悪い。
話すことないし……



謙杜
謙杜
ほんまごめん!



なんか、人がいっぱい見てる中で
土下座までしようとしたので流石に止めた
謙杜
謙杜
ほんまわるいことした
あなた
えっと……それは
あなた
恭平に言うべきとちゃう?
あなた
上から目線すぎてうざいのは
分かってんねん
けど、謝る相手間違えとんとちゃう。
あなた
ただ、うちがふらついて。
それを
支えてくれようとしてくれたやん。
それがたまたまみっちーから見たら
キスしとるよーに見えてしまったんよ。
あなた
せやから、謝るのはうち。
あなた
ほんまにごめんなさい!



土下座してもいいと思う
周りがざわついているのも分かる
こっちを見て
「大丈夫?」
と言うかのような目で見てるのも分かる



そして、うちは
土下座した



謙杜
謙杜
やめて!
謙杜
謙杜
そんなことせんといて。
謙杜
謙杜
僕が悪いねん、せやから、
謙杜
謙杜
恭平ん家出てきたんやろ?
謙杜
謙杜
なら



くる。これも前と同じ



謙杜
謙杜
僕の家来ませんか




ほら。
これだから、
フッ軽女
って言われるんやで




あなた
はい。行かせてください





やっぱり。好きかもしれへんな
『あの人』のこと