プリ小説

第20話

こうなった理由
あなた「私のお父さんがね、大ちゃんはアイドルだから、私が一緒にいると迷惑かかるって言ってきて、なんで?って聞いてみたら、お父さんもお母さんも大人の事情で済ませようとしてくるの。その2人だけじゃなくて、大ちゃんまで言ってきて、大ちゃんに迷惑かかっているんだと思って自分ダメだなと思うし、大ちゃんまで大人の事情で済ませようとするとき、大ちゃんは見方だと信じてたのにって思った………」(長くてすみません!)

涼介「あなたは頑張ったんだよ。俺はあなたのこと、わかってあげられると思う。だから、大ちゃんじゃなくて、俺のところに来て欲しい。大ちゃんが味方になってくれないなら俺が味方になる。」

あなた「ありがとう……涼介。」

涼介「でも、俺のところにどうしても来れないなら、辛い時にだけ来て……?」

あなた「うん…‪( •̥ ˍ •̥ )‬」

涼介「よし!泣かない泣かない!あなたは子供に戻ったのか〜?それとも、お腹すいたのか〜?w」

あなた「ちょっと!バカにしないでよね!wそんな食いしん坊じゃない!」

涼介「だよなw俺よりも大人だよな」

あなた「何それ!涼介の方がお腹減ってるんじゃない?w」

涼介「お腹すいた〜!何か食べに行こうぜ!」

あなた「うん!」

俺が味方になるって言った後、あなたは返事をしてくれなかったってことは、まだ大ちゃんを忘れられないってこと…?

それとも、ただ単にあんなことを言った俺が嫌だ?








―――――――――キリトリ線―――――――――

どうも主です!

誰か宣伝交換しませんか!

是非ともしましょ〜!

コメント待ってます( ⁎ᵕᴗᵕ⁎ )❤︎

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

♡神チョン♡
♡神チョン♡
今小説投稿中です! ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 浦島坂田船が大好きで、その中のセンラさんが大大大好きです!歌声とか、身長とか、手の綺麗さとか!そして、私は京都の方言が好きすぎます! とにかくセンラさんが好き過ぎなセンラーです! そして、Hey! Say! JUMPの大ちゃんも大好きです!まじで大好きです♪♪ あと、最近バンタンにもハマっています!ちむちむ、塩おじいが好きです! ちむちむは愛嬌があって可愛いし、ギャップやばいっすよね!塩おじいはいつもは塩だけど笑った時の歯茎最高!一目惚れ♡♡♡ こんな主をこれからもよろしくお願い致しします! icon→フリーアイコンでした。