プリ小説

第6話

大ちゃん登場
あなた「みんな何?w」

涼介「あなたなんか悪いことしたか?」

あなた「いや、思い当たらないけど……」

そんなことを喋っていると、大ちゃんがどんどんこっちに向かってくる。

すると、大ちゃんは目を見開いて、

大貴「山田!?」

涼介「大ちゃん……w」

あなた「……」

涼介の心の中「あなたが今よりもっと大ちゃんを好きになったらどうするんだよ……会わせるはずじゃ無かったのに……💢( ˙-˙ )💢」

大貴「君があなたちゃん?」

あなた「な、な、ななななんで名前知ってるんですか!?( ꒪Д꒪)」

さっき私たちが聞こえなかったことは大ちゃんは私を探していてファンの子達に聞いていたことなのかもしれない。

大貴「話すと長くなっちゃうからまた後でね!今日学校何時に終わるの?」

あなた「え、ええっと、えぇーと…」

涼介「5時だろw」

あなた「そっか!ちょっと緊張してw」

大貴「あ、山田ありがとう!」

涼介「なんでそんなこと聞いてんの?」

大貴「あなたちゃんをお迎えするから時間知っておかなきゃダメだろ?」

涼介「俺が送っていくから大丈夫」

あなた「え?」

大貴「いや、帰りに寄りたいところがあるからさ(´∀`)」

涼介「あっそ」

涼介は最後の言葉を返し、学校へ入っていった。

あなたと大貴「ん?」

あなたの心の中「行っちゃった……てかファンの子達とっくに学校の方いってて今ふたりきり……めっちゃ恥ずかしい///」

大貴「あなたちゃん、」

あなた「…はいッ!///」

大貴「今日からよろしくね?」

あなた「え?あ、はい……?」

そして、大ちゃんも学校と反対側へ歩いていった。

あなたの心の中「どういうこと?w」

~いっぽう涼介は~

涼介の心の中「2人きりにしなければ良かった……帰りどこ行くんだろ………あとついて行こうかな?いや、それってストーカーかな!?うぅ〜ん……」

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

♡神チョン♡
♡神チョン♡
今小説投稿中です! ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 浦島坂田船が大好きで、その中のセンラさんが大大大好きです!歌声とか、身長とか、手の綺麗さとか!そして、私は京都の方言が好きすぎます! とにかくセンラさんが好き過ぎなセンラーです! そして、Hey! Say! JUMPの大ちゃんも大好きです!まじで大好きです♪♪ あと、最近バンタンにもハマっています!ちむちむ、塩おじいが好きです! ちむちむは愛嬌があって可愛いし、ギャップやばいっすよね!塩おじいはいつもは塩だけど笑った時の歯茎最高!一目惚れ♡♡♡ こんな主をこれからもよろしくお願い致しします! icon→フリーアイコンでした。