プリ小説
一覧へ

第5話

five

私は それからのこと

職員室 に 行き 教室を教えてもらい

少し 注目を 集めながら教室 に 入ったりして

そして 昼休み

今は 屋上で お弁当 を たべてます。

「はぁ …」

?『何 ため息ついてんの?』

「きゃあ?!」

?『君女の仔みたいな声出すんだね』

「え…? あ ッ」


すっかり忘れてた

?『ふふッ 面白いね君! あ ! 僕知念侑李! よろしくね!』

「南埜 あなた です。」

侑李『名前 も 女の仔 みたい! あ ! もう行かなきゃ ! じゃあね 』


といって 屋上から 姿を 消した。



どこかで 聞いた 名前 だったな…


シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

続きはまだありません

この作者の他の作品も読んでみよう!

みゅう_*
みゅう_*
みゆう じゃないです みゅう で す とびっ子歴 8 念 山田 担🍓