無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
341
2018/10/08

第5話

five

私は それからのこと

職員室 に 行き 教室を教えてもらい

少し 注目を 集めながら教室 に 入ったりして

そして 昼休み

今は 屋上で お弁当 を たべてます。

「はぁ …」

?『何 ため息ついてんの?』

「きゃあ?!」

?『君女の仔みたいな声出すんだね』

「え…? あ ッ」


すっかり忘れてた

?『ふふッ 面白いね君! あ ! 僕知念侑李! よろしくね!』

「南埜 あなた です。」

侑李『名前 も 女の仔 みたい! あ ! もう行かなきゃ ! じゃあね 』


といって 屋上から 姿を 消した。



どこかで 聞いた 名前 だったな…