無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

197
2020/04/29

第12話

9(タピオカとメイク屋)
長尾「あれ?あなたまだかな?」


どうも。あなたです。実は今謙杜とりゅちぇと、お出かけと言う事で、待ち合わせ場所にいるんですけど、謙杜さん、私に気が付いて無いみたいです。と言う事で、気付かせてきます!

あなた「わっ」

謙杜「うっわ、びっくりした。え、あなたそれ、私服?」


あなた「うん、そやでー!」


謙杜「え、かっこい~!」



あなた「ありがとう(*'-'*)」


え?私がどんな服着てるかって?しゃーない、見せてあげようじゃないか。⬅️めっちゃ上から目線。


ばんっ
うん。普通だよね。てか、かっこいいよりも、かわいいよりだと思うのは、私だけ?


とか、思ってるうちに、りゅちぇさんが来ました!




大西「ごめん🙏メイクしてたら、遅れちゃった!」



いや、メイクしてたら遅れたとか、もう完全に女子やん!



大西「あ、森ちゃん私服かわいー!」




あなた「ありがとー(ニコッ」


りゅちぇ長「はうっ(可愛い////)」


あなた「んで、今日はどこ行くん?」



長尾「あーそうだった。まず、タピオカ飲みに行って、」


大西「コスメ見に行って、いい感じのがあったら買って、」


長尾「洋服屋さん行って、いろんな服買って、」


大西「パンケーキ🥞食べて、」



りゅちぇ長「帰る!」



あなた「いや、やってること完全に女子やん!」



りゅちぇ長「えーの!早く行こっ!」




あなた「笑笑笑 まぁいっか!よし。行こう!」












途中上手く書けないので、飛ばして帰りから書きます。


長尾「いやー、楽しかった!」



大西「森ちゃんってめっちゃセンスええんやね!」



あなた「いや、まぁ女子ですから。」



長尾「あ、そっか!」



あなた「え、なんかヒドっ」



長尾「ごめん笑笑笑笑笑笑」



あなた「まぁいっか!じゃあまた明日!集合場所と、時間は、なにわのグルラでお知らせするから、ちょっとまっとってな!」




りゅちぇ長「おん!分かった!じゃあまた明日!」




全員「バイバイ」



























LINE

○○(you)
おーい(屮°□°)屮なにわいきてるかー。
長尾
いや、いきとるわ!さっきまで遊んでたやん!
大西
あ、ちょっ謙杜!
長尾
あ、ごめん🙏
西畑
ん~?どういうことかな~?
高橋
え、行きたかった。
藤原
まぁ別にええんとちゃう?今度みんなも遊べばええやん!
大橋
え、何々なんの話?
○○(you)
いや、一人だけ状況把握できてないやん!
○○(you)
あ、で、うちが言いたかったのは、明日の事なんやけど、
長尾
あ、そうだった。
大西
さっき言ってたね
○○(you)
えっと、明日の午前1 1時までに事務所前集合で、全員そろったら、社長室にみんなで来い。だって。分かった?
○○(you)
あ、麻央!麻央いる?
麻央
うん。いる。うるさい。で、なに?
○○(you)
あ、ごめん。
あのさ、麻央うちの家分かるよね?
麻央
うん。わかるっつうか、家隣。
○○(you)
あ、そだね。んで、明日一緒行こっ!
麻央
あぁ良いよ!明日10時に迎えに行く。
○○(you)
ありがとー。
西畑
ねぇ、二人で盛り上がってるとこ悪いんだけど、二人って家隣なん?
大西
りゅちぇも~!
長尾
俺も!
高橋
俺もッス
大橋
俺も~~~?
藤原
大橋なんで最後疑問形なん
あなたこうなるから、そう言うのは、個チャで話せや。
○○(you)
あ、丈くん。その通りですわ。てことで、バイバイみんな!










次へGO~!