無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

277
2020/04/28

第9話

6
西畑「そうだったんやね。なんかごめん🙏」
あなた「いやいや、全然だいじょーぶ!あと、うち、この話、麻央にしか話したことないんだ!」
藤原「え、それを俺らが聞いて良かったん?」
あなた「うん!うちはなにわの事信じたいから。」
大橋「そっか。じゃあ俺らあなたが信じて良かった!って思えるように頑張る!」
あなた「おん!頑張れ✊期待して待ってます!」

大西「えー、麻央ちゃんは、あなたの事なんて呼んでるの?」

麻央「えーっと、うちは、普通にあなただけど、クラスのみんなは、森ちゃんとか、モリ子とか、コウモリとか、って感じで、いろんな呼び名あるよ!」

大西「へぇーじゃ、僕 森ちゃん!」
西畑「俺は、コウモリか、あなた」
藤原「うーん、高森か、あなただな!」
大橋「俺は、森ちゃん!」
高橋「あなた」
長尾「モリ子orあなた」
道枝「あなたか、森ちゃん!」


あなた「うん!ありがとう(*'-'*)」

なにわ『可愛いなぁ』













長尾「なぁなぁ、俺思ったんですけど、モリ子なにわ男子に入れません?」


















全員「は?/ん?/え?」






















次へ