無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

186
2020/04/29

第13話

10
次の日



あなた「よっしゃ着いた!」


麻央「うん。うるさい。」


あなた「ねぇ、麻央この頃、冷たくない?」

麻央「そうでもないと思う?」


あなた「いや、なんで疑問系なん。てか、うちら一番じゃん!なにわ遅い!」


麻央「いや、うちらが早すぎるだけや!」


あなた「えー、だって、今何時?」


藤原「今、10時40分やで。」


あなた「あー、まぁまあ早いか!って丈くん!来るの早いね!」


藤原「いやまぁあなたの方が早いけどな?
ってか、あなた声でかすぎ、普通にばれるやん!」


あなた「あー、なんかごめん、でも、声でかいのがうちの取り柄なんで!」







てことで、いろいろありまして、全員そろいました。(いや、雑!









藤原「よし、全員そろったやんな~?」


あなた「おん!...多分。」


藤原「ま、ええか!んじゃいくでー!」


あなた「レッツ~?」


なにわ「GO~!」


麻央「いや、テンション高っ。んで、うるさっ。」




























社長室前

西畑「え、誰ノックするん?」


藤原「そこは、リーダーやろ?」


大橋「えー、そこは、最年長やろ?」


藤原「えー、、、、、。」


あなた「はぁ~。面倒くさっ!」


コンコンコンッ

藤原大橋西畑「あ、、、、、。」


ジャニー「入りたまえ。」

あなた「ヤッホー!」

ジャニー「おぉ、あなたとなにわ男子か、まぁ座れ。」


ストンッ(座った。)


ジャニー「あなたから聞いているだろうけれど、君たちなにわ男子には、明後日記者会見をしてもらう。そこで、なにわ男子にあなたが入る事を発表してもらう。」

なにわ+あなた「はい。」


ジャニー「明後日の10時までに○○会場に来てくれ。あと、あなたのメンカラも決めておいてくれ。」


なにわ+あなた「分かりました。」


ジャニー「それと、you達には明日からシェアハウスをしてもらう。」



なにわ+あなた「は?」

ジャニー「場所はあなたの家だ。you達の親御さんには、もう許可をとっている。明日の朝9時に全員の家に引っ越し会社を派遣してあるから、今日帰ったら、すぐ準備すること!話は以上だ。」

なにわ+あなた「あ、えと、ん、はい。分かりました。ありがとうございました。失礼します。」


ガチャッパタンッ


なにわ「やったー\(^o^)/あなたと一緒住める!」


あなた「あ、うん。そだね。(まだ困惑中)」


西畑「てか、あなたの家って全員入るん?」


麻央「あぁそれなら全然大丈夫!だって、あなたの家、豪邸だし、でかい部屋が4つと8畳位の部屋が10こ位あるから。」


なにわ「は、マジでー!」


あなた「おん。まぁ一応?」


道枝「てか、場所どこ?」


あなた「あぁ、あとでグルラで送るわ!」


道枝「おん。よろしく。」


全員「んじゃバイバイ(。・_・。)ノ」























次は引っ越し終わってからを書きます!