無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

305
2020/04/27

第5話

3
監督「撮影始めるぞー」

あなた「あーナベちゃん!ちょっとまってやー!」

監督「あぁあなたごめんごめん(^-^;てか、ナベちゃんよびやめろよ!」

あなた「えー別にええやん!あ、皆さんお待たせしてごめんなさい!」

スタッフ「全然ええよー!あなたちゃん頑張ってなー!」

あなた「ありがとうございます(ニコッ
頑張ります!」

みんな (可愛い//////////)














ごめんなさい!ドラマ部分は、書きません!お許し下さい!作者より。








監督「はい、オッケー('-^*)okさすが今をときめくスターだね!あなたも、駿佑君も、完璧だよ!お疲れさま。」



あなた「やったー!道枝さんお疲れさまでした!ナベちゃんおつかれインド!」

監督「おつかれインドってなんや。笑笑」

あなた「いや、うちも分からんねん笑笑笑笑笑笑」

なにわ「あなたさんそこそんな笑うとこやないで笑」

あなた「って言いながらなにわ男子の皆さんもわらっとりますやん!」

なにわ「え?俺らの事しっとるん?」

あなた「いや、共演者さんの所属事務所や、所属グループを知っとくんは、常識ですし、何より、うち、なにふぁむなんで!」


なにわ「え、嘘やん!よう緊張しいひんかったなぁ!」

あなた「まぁ仕事に自分事持ち込みたくないんで。」

なにわ「ほぇー、すごいなぁ!」

あなた「ほぇーってなんですか。まぁありがとうございます(ニコッ」

長尾「あ、なぁなぁあなたちゃんタメ口にしようや!」
道枝「あぁええなぁ!」

あなた「え!ええんですか?」
なにわ「おん!もちのろんやで!」
あなた「ふふっ」
あなた「ありがとう!じゃあ一つだけお願い!」


「うちの事絶対ちゃん付けでよばんといてや!」


なにわ「お、おん!ええけどなんで?」

あなた「あぁ、それは...........。」





























次へ