無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

11話
あなた
あなた
んんっ、(๑•́ωก̀๑)zzZ



あれ?テヒョンが隣に……?




テヒョン
テヒョン
(-_-。)スヤァ
あなた
あなた
ㅎㅎ



私は朝ごはんを作りに1階におりていった。




あなた
あなた
できたぁー
テヒョン喜んでくれるかなぁ?とか、そんなこと想像してたら、テヒョンが起きてきた。



テヒョン
テヒョン
んー!いい匂い……
あなた
あなた
おはよう〜遅いよー( ´ー`)
テヒョン
テヒョン
……あなた?
あなた
あなた
??



急に名前を呼ばれて驚く。


テヒョン
テヒョン
あ、昨日……忘れてた、、
あなた
あなた
全く、休日だからっていつまで寝てんの、、
テヒョン
テヒョン
ごめん(-_-)
あなた
あなた
ね、朝ごはん食べよ?
テヒョン
テヒョン
作ってくれたの?
あなた
あなた
うん!



テヒョンの反応を期待する。




テヒョン
テヒョン
( '༥'  )ŧ‹"ŧ‹"ŧ‹"ŧ‹"ŧ‹"
あなた
あなた
💭可愛いな、、、
テヒョン
テヒョン
美味しい(* ॑  ॑* )
あなた
あなた
やった〜(´∀`*)





テヒョンといると……落ち着くな……




あなた
あなた
幸せ〜
テヒョン
テヒョン
( '༥'  )ŧ‹"ŧ‹"良かったね
あなた
あなた
あ、口にご飯ついてる、、



私が取ろうとした、その時だった。



テヒョン
テヒョン
パチンッッ