無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第153話

147話
あなた
あなた
テヒョ……ッ
テヒョン
テヒョン
っ……ギュッ
あなた
あなた
テヒョン……












すぐにテヒョンに抱きしめられて焦ったけど、懐かしい感覚に涙がこぼれる。









テヒョン
テヒョン
ごめん。もう無理だよ
テヒョン
テヒョン
別れた時も、他人のふりして話してた時も。
テヒョン
テヒョン
本当は辛かった
テヒョン
テヒョン
でも……グスッ、、もう抑えきれなくて……
あなた
あなた
私が悪いのに……ごめんね
あなた
あなた
やっと分かったんだ……テヒョンじゃないとだめだよ
あなた
あなた
私の隣は…大好きな人はテヒョンなの!











テヒョンがゆっくりと、優しく私を抱きしめる──







テヒョン
テヒョン
っえ、あなた……、どういう…
あなた
あなた
グクと別れた、、、。振り回しちゃってごめん、、
テヒョン
テヒョン
……!
あなた
あなた
もうテヒョンを………










涙が邪魔をして、言葉がとまる






テヒョン
テヒョン
離したくない
テヒョン
テヒョン
こんなに大好きになれたの初めてなんだ
テヒョン
テヒョン
沢山喧嘩して、仲良かったときなんてほんの少しだったでしょ?
テヒョン
テヒョン
でもさ、あなたが居ないと生きていけないくらい苦しい。
あなた
あなた
じゃあ……やり直してみようよㅎㅎ









そう言って、テヒョンと目を合わせる。








あなた
あなた
私と付き合ってくださいㅎㅎ
テヒョン
テヒョン
もちろんㅎㅎ
テヒョン
テヒョン
もう俺以外のところに行かないようにさ、
テヒョン
テヒョン
チュッ……
あなた
あなた
っ///












「ファーストキス」が君でよかった








決めたよ。私は一生テヒョンから離れない。







あなた
あなた
……テヒョンも離れないでね
テヒョン
テヒョン
当たり前でしょㅎㅎ











これから何があったって大丈夫。








だって大好きなキミが隣にいるから──