無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第44話

42話
ジョングク
ジョングク
……そうですね
テヒョン
テヒョン
……。
ジョングク
ジョングク
けど違います。
ヒョンは間違ってます。



グクの暖かい声が



心の奥に響いた。



ジョングク
ジョングク
ヒョン、あなたは病人ですよ?
あと僕が言うことじゃないですが、あなたは1ミリも悪くないんです……!
あなた
あなた
グク……



いつの間にかグクを呼んでて。

グクの胸に顔を埋めて


泣いてる私がいた。