無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第15話

15話
あなた
あなた
ねぇ、テヒョン……
テヒョン
テヒョン
ん?
あなた
あなた
き、キスしたい/////
テヒョン
テヒョン
……




私は思い切って言った。
凄く恥ずかしかったけど……←




あなた
あなた
?テヒョン……?
テヒョン
テヒョン
ごめん、無理、、



テヒョンからは衝撃的な返事が返ってきた。




あなた
あなた
あっ、そ、そっかっ、全然大丈夫だよ、!


やっぱりそうだよね……
付き合って少ししか経ってないし!





テヒョン
テヒョン
うん、、
あなた
あなた
もう昼だね、!
テヒョン
テヒョン
あぁ、帰るよ。またね、、
あなた
あなた
え、あ、また、、ね、



あぁ、帰っちゃうんだ、、

でも



テヒョンは私の事好きって言ってたじゃん。


疑ったらダメだよ、、、



静かにテヒョンが帰るドアの音がする、、






あなた
あなた
ユンギ先輩ぃー!
ユンギ
ユンギ
どーした?急に呼び出して
あなた
あなた
それが……キス、、拒まれました……。
ユンギ
ユンギ
え、アイツなにやってんの、、
あなた
あなた
ユンギ先輩はユナとキスしますか?
ユンギ
ユンギ
は!?////
あなた
あなた
??
ユンギ
ユンギ
はぁ、、するけど、、?
あなた
あなた
どういう感じ!?
ユンギ
ユンギ
俺からでもユナからでも。雰囲気ですることが多いけど、、。
あなた
あなた
いいな( ´・ω・`)