無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第146話

140話
あなた
あなた
え、え……嘘でしょ!!









グク、!?







で、電話すれば、!!







私は急いでグクに電話をかける。





あなた
あなた
…………目の前にいるのに、、でてよ、、







雨の音が私の心をもっと不安にさせる。